青の花茶 成分

女性が嬉しい成分ばかり!?

青の花茶の成分情報

青の花茶はキレイな青色とその効果で話題ですよね。

 

しかも青の花茶はノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのダイエットティーなんです。。

 

でも『味が甘い』という内容の口コミが多いですよね。ノンシュガーなのにどうして甘いのでしょうか?一体どんな成分で作られているのかが気になります。

 

そこで青の花茶の成分について教えちゃいます!!

 

 

青の花茶にはどんな成分が配合されているの?

 

・バタフライピー
バタフライピーは美容大国タイでは、公園などでも見かけるほどポピュラーなハーブです。青の花茶の特徴である、青い色はこのバタフライピーの花の色なんです。

 

・甜茶
甜茶は古くから親しまれている健康茶です。名前を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

甜茶には、砂糖の75〜100倍ほどの甘さがあり、その甘味成分は体に蓄えられないという特性を持っています。口コミでよく見かける『甘い』という正体は甜茶の成分だったんですね!

 

・アマチャヅル
アマチャヅルは、70種類以上ものサポニンを含んでいます。なんとあの高麗人参よりも多いんですよ〜。

 

ちなみにサポニンには、動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制してくれる効果があるそうです。まさにダイエットの味方ですね。

 

・ラフマ
ラフマとは、リラックスに有効な成分を多く含んでいます。ダイエット中のスッキリしない気分対策としての効果があります。さらにポリフェノールの一種であるフラボノイドも多く含まれていますので、血流の改善などの効果が期待されます。

 

・メグスリノキ
メグスリノキは、日本で昔から健康の為に使われてきた植物です。さまざまな健康成分を含んでいるため、メグスリノキ茶というお茶も販売されています。

 

青の花茶の特徴である、キレイな青色は着色料など一切使用されておらず、天然の色素だったんですね!驚きです!

 

青の花茶に配合されているハーブはどれも私たちの身近な商品に使用されているものばかりでした。

 

 

ストレスを抱えている女性に有効な成分

 

ストレス社会と言われている現代。、毎日なにかしらのストレスにさらされていますよね。

 

ストレスが溜まっている状態でダイエットを行ってしまうと、体が本能的に危険を察知し脂肪をため込もうとする働きをしてしまうらしいです。

 

何よりも女性のダイエットの妨げとなる原因は『ストレス』と言われています。

 

自分では頑張っているのになぜか上手くいかない・・モヤモヤっとした気持ちを抱えたまま空回りしてしまう・・そしてダイエットも挫折してしまう・・

 

そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか?

 

その場合、まずはそのストレスを解消しなければなりませんよね。青の花茶は、まずキレイな色に目を奪われます。そして、甜茶の甘みに癒されます。

 

青の花茶に配合されている5種類のハーブの力で、ストレスフリーなダイエットを目指してみませんか?

 

青の花茶は、まさに現代のストレス多き女性の為に開発されたダイエットティーなんです!

 

 

青の花茶の成分まとめ

 

青の花茶には女性に嬉しい成分がたくさん配合されていることがわかりました。

 

また、今までのダイエットティーでは見たことがない、衝撃的な色の正体も確認できましたね。

 

心理学では青色は『リラックス』と『抑制』の色と言われています。心を落ち着かせリラックスしながらダイエットのサポートの役割も持っているダイエットティー。

 

それが青の花茶なのです。

 

>>青の花茶の成分情報はこちらから