青の花茶 妊娠中

青の花茶は妊娠中でも飲めるの!?

青の花茶は妊娠中はだめ

青の花茶はハーブが配合されている、ダイエットティーです。

 

ハーブティーって一般的には、健康に良さそうなイメージですが、青の花茶は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

 

青の花茶は妊娠中でも飲める!?

 

妊娠中はカフェイン摂取が良くないとされていますので、今まで好きだったコーヒーや紅茶を我慢したり、カフェインレスのものに変えたりしますよね。

 

その中でハーブティーはノンカフェインで種類が豊富にあるので、飲んでいる方も多いかと思います。

 

でも実は、妊娠中に摂取してはいけないハーブがあるってご存知でしたか?

 

ハーブは種類によって効能が違いますが、妊娠中に摂取してしまうと子宮収縮作用につながる恐れのあるハーブもあるんです。一般的にハーブティーとして知られている、『カモミール』にも妊娠中には、子宮収縮作用があるそうですよ。

 

ついつい気づかずに飲んでしまいそうですよね・・・

 

万が一飲んでしまったとしても、少量で体に不調が出なければ問題はないようです。

 

 

ちなみに、青の花茶に配合されているハーブに関しては、摂取してはいけないハーブに含まれていませんでした。

 

青の花茶は『ノンシュガー・ノンカロリー・ノンカフェイン』ですので、体重管理を行わなければならない妊娠中でも安心ですね。

 

しかし公式通販サイトには、「お薬を処方されている方・治療中の方は、かかりつけ医・薬剤師にご相談ください」との記載がありました。

 

妊娠中の方が青の花茶を飲む場合は、まず医師に確認してから飲むことをおススメします!!

 

妊娠中は心配事やストレスがあると良くないですよね。キチンと確認した上で飲んだ方が、自分の気分的にも安心できると思います。

 

青の花茶の副作用ってあるの?

 

青の花茶はダイエットティーですが、医薬品ではなく健康食品です。

 

ただし卵や牛乳のように、人それぞれの体質やその時の体調により、まれに不快感が起きてしまう可能性もあります。

 

万が一、そのような症状がでた場合には、無理に飲み続けずに医師に相談するようにしましょう。

 

 

ちなみに皆さん、何か商品を購入する時って、どのような場所でどこように商品が作られているのか?原材料に危険性はないのか?など安全性が気になりますよね?

 

青の花茶は原材料1つ1つの安全性の確認を行い、安全なものだけを使用しているんです。また、出来上がった製品を『一般財団法人日本食品分析センター』で検査を行っています。

 

その結果、残留農薬(茶一斉分析250項目)・セシウム検査(セシウム137、134、ヨウ素131)は全て検出されていないようです。

 

青の花茶は、徹底した品質管理のもので商品となっているんです。

 

安全性の情報を詳しく掲載されていると、私たち消費者としては安心して飲むことができますね。

 

 

青の花茶は妊娠中についてのまとめ

 

青の花茶に配合されているハーブの中に、妊娠中に禁止されているものは含まれていませんでした。

 

しかし、妊娠中は普段とは違い敏感になっていたり、体質が変化している可能性もありますので一概に大丈夫とは言えませんよね。心配な方は、まず医師への相談をオススメします。

 

公式通販サイトにはQ&Aや安全性について、詳しく紹介されていますので、気になった方は確認してみてください。

 

>>青の花茶を公式通販サイトで確認する